worker

~靴作りをはじめたきっかけ~

 

若い頃から職人に憧れがあって、高校で書いた論文でも職人を取り上げました。作家は自分の中にあるものを表現するのですが、職人には相手がいて、相手にとって使いやすいものを作る生き方に共感したのです。そして進路を見据えていくなかで、イギリスに「靴の学校」があることを知り、留学を決心。学校では工業靴の作り方を学び、自分の意志で皇室御用達の靴を作るお店を訪ねることで、対話しながら最高の靴を生み出す「bespoke」の世界に触れることができました。

 

bespokeの世界に触れる経験ができたのは良かったのですが、何十万円もする高級靴には違和感を覚えました。そんな時に市販の靴が履けない方のために「医療靴(整形外科靴)」があることを知り、興味を持ったのです。イギリスの先生からは卒業後に医療靴が盛んなドイツで学ぶことを勧められましたが、将来は日本で働くことを決めていた私は、義足やコルセットを作る「義肢装具士」の専門学校に入ることにしました。その資格があれば、保険が適用される医療靴に携われることを知ったからです。3年間の学びで、国家資格を取り、在学中から学びに行っていた医療靴を制作している義肢会社に就職しました。

 

医療靴の世界は少し特殊で、注文はお客様から直接受けるわけではなく、保険適用の関係でお医者様から発注を受ける仕組みです。オーダーがあると、病院に伺い、そこで初めてお客様(患者様)と出会い、院内で採寸を行い、仮合わせをして完成に至ります。市販の靴が履けないお客様の足にぴったり合った靴を作る技術を得るまでは本当に必死でしたが、充実した毎日を過ごすことができました。

 

 

~サンダル作りを始めたきっかけ~

 

新婚旅行で訪れたイタリア・カプリ島で、あるサンダル屋さんに出会いました。観光客を相手にしたお店だったのですが、気に入ったデザインを選ぶとその場で足に合わせて、足にピッタリのサンダルを作ってくれるのです。以前からずっと高価すぎるbespokeの靴とお客様が気に入ったデザインにできない医療靴の中間ができたらと考えていた私は「これなら私が求めるモノづくりができるかもしれない」と感じました。そして戸建てに引っ越したタイミングでオーダーメイドサンダルとベビーシューズの「jiu sandals & baby shoes」を立ち上げたのです。

 

~制作者の想い~

 

お客様と対話をして、お客様がうまく言葉にできないけれど「こうしてほしい」と望まれていることに思いを巡らすことが私の楽しみです。また、自分の子育てを振り返ってみると、辛いことも多かった気がします。すごく大変なのに、誰も評価してくれないし、誰も自分を見てくれない。そんな気持ちでした。だから、子育てや仕事など、他の人のために頑張っている女性が、サンダルを選んでいる時だけは、誰にも邪魔されずに自分の事だけを考えられる時間であればいいなと思っています。

 

 

 

製作者略歴

 

高校卒業後、イギリスLeicester South Fields Collge (現Leicester Collge) Footwear courseに留学

帰国後、足と靴の関係を勉強するため、専門学校に3年間通う

義肢装具士国家資格取得後、医療靴専門職として5年間働く

結婚・出産を経て「もっと気軽に足に合った履物を多くの人に履いてもらいたい」という昔からの目標を叶えるため「jiu sandals& baby shoes」をスタートさせる

頑張る女性を足元から応援したいという想いで、ご自身のお好きなデザインで、かつ歩きたくなるサンダルをオーダー制作